FC2ブログ

記事一覧

5/16

「黛まどか」: 謎の登場人物「早川さん」。  0点です。小島剛一氏はこの1か月間、ひたすら黛まどかさんの悪口を書き続けています。ここまで執拗に書くのはなぜなのか。黛さんの関係者は不思議に思っていることでしょう。推測するに、それは恨みや嫌がらせではありません。トーキング・マイノリティというサイトに2017年末に書き込まれたコメントを読んでいると、小島剛一氏は「罵詈雑言依存症」だという指摘が出ています。つまり、黛さんが憎くて批判記事を書いているわけではなく、ただ他人の悪口を書くことにたまらない快感を覚えていて、それが止められない、というだけのことなのです。対象が有名人であればあるほど、快感は大きいのでしょう。匿名の人を貶すよりは黛さんを貶した方が、自分の優位を誇示できるため、この1か月も続いているわけです。だれがこれを止めさせられるのか。私はひつじ書房の責任が重大だと思います。ひつじ書房が知らぬふりをしているのはいかがなものでしょうか。小島剛一氏とともにラズ語辞書編纂のために寄付を募った。その志とは逆に、小島氏は下らない批判記事を書くのにばかり熱を上げています。ひつじ書房さん、あなたが行動すべき時なのです。
スポンサーサイト